KARUIZAWA WO MEDELU

軽井沢在住23歳現役ホテルマンが伝える、軽井沢おすすめスポット

読書にオススメ!長倉カフェ

さて、本日は中軽井沢にある長倉カフェのご紹介です!

ハルニレテラスから歩くこと15分。林道を抜けると左手に見えてきます。

f:id:ruricalaksa:20170618133850j:plain

ポールシェーラーという種のチューリップがお出迎えしてくれました。美しい。


こじんまりとした店内は、木の温もりがあり、窓の外を眺めれば緑がいっぱい。5月は緑のパッチワークが綺麗ですね。


おすすめはテラス席。軽井沢の澄んだ空気に包まれながら、読書するのもいいですね〜気持ちよすぎて思わずうたた寝してしまいそう。。

f:id:ruricalaksa:20170618134900j:plain


ご夫婦で経営されていて、ケーキは笑顔が素敵な奥様の担当。極力添加物や着色料を使わずに、時間をかけて丁寧に正統派フランス菓子を仕上げている。すごく気さくな方で、沢山お話ししてくださった。

元々は東京で暮らしていたけれど、バブル崩壊を機に軽井沢に移住。「お金には変えられない幸せがここにある」、と奥様。考えさせられる一言です。。


そんな奥様の作るケーキはというと、何と言ってもこのシャンパババロア。クリームにシャンパンの風味がほのかに香っていて上品なお味。お昼間から優雅な気分になれます。

f:id:ruricalaksa:20170618135435j:plain

コーヒーカップは全てマイセン。ご主人様がお好きだそうで、飽きの来ないこの白と青の組み合わせが心地よいとのこと。


最近のカフェは、当たり前のようにBGMが流れているけれど、ここ長倉カフェでは敢えて流していない。趣味の押しつけになってしまっていないか、という疑問を持ち数年前から音楽は一切かけていないそう。

このこだわり、個人的には賛成します!


県内外問わず熱狂的なファンが多く、駐車場には色んなナンバーがずらり。

わざわざ来たくなる気持ちは良く分かりました。うん分かるなぁ〜


なんだかまた来たくなってしまう、そんな不思議なカフェなのでした。

f:id:ruricalaksa:20170618214948j:plain









女性にオススメ −Natural Cafeina−

軽井沢駅から歩いて10分ほどのところに

ひっそりと佇むカフェイーナ。

前から気になっていたこのカフェに、ついに本日行ってきました!

オーナーの中山圭太郎さんがシアトル留学時代に、カフェの魅力に気づき”暮らしに根付いたカフェ”を目標に営んでいるとのこと。

そういえば、大学4年の夏シアトルに行った時、おしゃれなカフェが街の至るところにあった気がする!ビジネスマンも、バス停に並ぶおばぁちゃんも片手にはコーヒー。暮らしに寄り添うコーヒー。コーヒーって素敵。。

シアトル一人旅について話すと止まらないので、本題に戻ります。笑

弟の裕文さんも有機素材にこだわっていて、独創的なお料理が多いとか。

 

 

お店の外には植物がたくさん、ひとまず1枚パシャり。

f:id:ruricalaksa:20170617151145j:plain

するとテラス席に座っていた男性(店員だと思っていたが、のちに常連客?と判明)から、『中へどうぞ。』と一言。

店内は、ボサノバ系のBGMが流れ、ゆったりとした空気感が漂う。お店奥の開放的なテラスには子供連れの家族と、店内にはおひとりさまの女性がちらほら。

店員さんも程よい距離感で接客をしてくれるので、ついつい長居したくなっちゃう感じ。

朝食を食べに来たのだけれど、あいにく到着が10時45分。。(朝食L.O10:30)

普段7時に出社するのだから、本気を出せばオープンに余裕で間に合ったのにね!

まぁそんな時もある、ということで気持ちを切り替えてランチメニュー。

ランチメニューは下の通り。ちなみにBのリゾットは、日毎に食材が変わるらしく、今日はブロッコリーとアンチョビのリゾット。

f:id:ruricalaksa:20170617154303j:plain

迷ったら冒険する派(でありたい!派)なので、初めて聞いた「ムケカ」をオーダー。ランチセットは、メイン(3種より選ぶ)+前菜+スープ+ドリンクで1980円。

ランチにしては少し高い気がするけど、どこかでランチを忙しなく食べて、他のカフェに移動してお茶をするのであれば、最初からここでゆったりと過ごすのが◎。

 

店内はこんな感じ。隣席との距離がしっかりとあるから

人目を気にせずゆったりと過ごせる。

f:id:ruricalaksa:20170617155535j:plain

何も考えずにぽーーっとすること5分。

前菜が運ばれて来て、ブラジル出身の奥様が食材を丁寧に説明してくださった。「パルミット」という右上の白いお野菜は、ヤシの新芽でブラジルの家庭では普通に食べられているらしい。他には、信州ならではの「根曲りたけ」、マッシュルームやアスパラもそれぞれ違うフレーバーのオーブン焼き。説明を聞いているだけで、ワクワクが止まりません。醤油ベースのアンチョビドレッシングがとっても合っていて、ペロリと食べ終わりました。

f:id:ruricalaksa:20170617160415j:plain

続いて、スープ。写真がないのは、気づいたら飲み始めていたため。

そう、普段は食事の写真を撮る習慣がないのです。ただヒョンなことがきっかけで

最近写真を撮り始めたしだい。(徹底するには時間がかかるの、何事も!)

野菜の甘みを楽しめるスープを頂いた後は、メーンのムケカ。

初めて食べたムケカは、ごろっとした海老の入ったココナッツの甘みとトマトの酸味が絶妙なシチュー。ご飯との相性も抜群。別添えにして頂いたパクチーを少し添えると、また違った風味になって美味しい。

とってもヘルシーなのに、心地よい満腹感。

f:id:ruricalaksa:20170617162113j:plain

既に、カフェのリピ意向が高まってしまったところで、締めのソイラテ。

群馬県のデザイナーの方が作った鮮やかなブルーのカップに入ってきました。隣接する店舗で今度展示会もあるとのこと。こんな素敵なカップで毎朝コーヒーでもゆっくり飲みたいなぁ、と思う贅沢なひと時でした。

f:id:ruricalaksa:20170617165347j:plain

コーヒーの香りに包まれながら、西加奈子さんの『i』を読み進めて気づくと1時。

なんて心地よい空間なのだろう。

スローな時間を過ごしたい女性におすすめのカフェなのでした。

 

◎Natural Cafeina

  長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東25
  TEL & FAX 0267-42-3562
  営業時間 8:00~18:00(土日祝日は7:00オープン)
  定休日 水曜日

 http://www.natural-cafeina.com